中国語の「新聞」=日本語の「ニュース」

shutterstock_400384678 中国人の日常生活の中では、よく「你看最近的新聞了吗?nǐ kàn zuì jìn dē xīn wén lē mā?」、「我看了一个有趣的新聞。wó kàn lē yī gè yǒu qù dē xīn wén。」という会話が聞かれます。今回は、この「新聞」についてのお話をします。 “中国語の「新聞」=日本語の「ニュース」”の続きを読む

カンフーの漢字は工夫ですか、功夫ですか

shutterstock_379034170ブルース・リー(李 小龍)とジャッキー・チェン(成 龍)のお陰で、中国のカンフーが世界中で有名になりました。日本語の「カンフー」は英語の「Kung fu]から由来していますが、語源のルーツは中国なので、もちろん漢字があります。
ここで皆さんにクイズをしたいと思います。
カンフーの漢字は「工夫」(gōng fū)ですか、「功夫」(gōng fū)ですか。 “カンフーの漢字は工夫ですか、功夫ですか”の続きを読む

飲み会の「会」には「できる」という意味もある

shutterstock_416717023
今回は、語彙のお話をします。
「会」という文字が持つ意味がテーマです。

~日本人と中国人の、飲み会での会話~
日本人:「你要不要来一点儿日本酒?(日本酒を少しいかがですか。)」
中国人:「啊,対不起。我不会喝酒。以茶代酒。(あ、すみません。私、〇〇〇〇。お茶でお供させてください。)」
「我不会喝酒。」という表現は中国の飲み会でよく使われます。その意味を理解するために、「会」という文字の使い方を見てみましょう。
“飲み会の「会」には「できる」という意味もある”の続きを読む

上海ガニは上海生まれではない

shutterstock_238912558
味覚の秋。中国で秋の名物として最も人気なのは蟹です。その中で一番高級なものは日本人の間で「上海蟹」と呼ばれますが、実は上海の隣にある江蘇省の陽澄湖でとられたカニです。確かに、陽澄湖カニより「上海蟹」のほうが響きがいいですね。 “上海ガニは上海生まれではない”の続きを読む

ご自愛ください

love-yourself
台湾人の友人が日本語での手紙の書き方を調べていたときのこと。
お世話になっている先生に暑中見舞いのハガキを書こうと、インターネットで文面でのあいさつの仕方を検索していました。そこに載っていた「厳しい暑さが続きますが、どうかご自愛下さいませ。」という一文を発見した友人はとても驚いたそうです。 “ご自愛ください”の続きを読む

ちょっと可愛い動詞の「重ね型」

重ね型v酔っ払いがふらふら歩いている。ふわふわした布団。リンゴはサクサクしている。

このように言葉を繰り返す表現はなんだかかわいらしいです。
実は中国語にも、「重ね語」とよばれる、言葉を繰りかえす文法用法がたくさんあります。
今回はその中でも、語気を和らげる働きをする、動詞の重ね語についてご紹介します。
“ちょっと可愛い動詞の「重ね型」”の続きを読む

1週間の始まりは何曜日?

happy new wek
今日は8月2日、火曜日。日本人の田中さんと中国人の楊さんの会話です。
楊さん:「今週の日曜は空いてますか。」
田中さん:「今週の日曜って一昨日じゃないですか?暇でしたけど。」
楊さん:「一昨日は先週の日曜でしょう。今週の日曜は8月7日ですよ。」
田中さん:「週の始まりは日曜ではないですか?」
“1週間の始まりは何曜日?”の続きを読む