ちょっと可愛い動詞の「重ね型」

重ね型v酔っ払いがふらふら歩いている。ふわふわした布団。リンゴはサクサクしている。

このように言葉を繰り返す表現はなんだかかわいらしいです。
実は中国語にも、「重ね語」とよばれる、言葉を繰りかえす文法用法がたくさんあります。
今回はその中でも、語気を和らげる働きをする、動詞の重ね語についてご紹介します。

1.「ちょっと~する」というニュアンスを出す

「譲我看看。ràng wǒ kàn kan。」 ちょっと見せてください。
「譲我想想。ràng wǒ xiǎng xiang。」 ちょっと考えさせてください。

2.アドバイスや軽い命令をするとき

「味道如何,賞賞。wèi dào rú hé,cháng chang。」味はどうなのか、味見してね。
「她住院了,去看看吧。tā zhù yuàn le,qù kàn kan。」彼女は入院したので、見舞いに行ってあげて。

3.「~してみる」という意味を出す

「求求他,他会答応的。qiú qiu tā,tā huì dā yìng de。」彼にお願いしてみたら、要求に応じてくれるよ。
「生孩子有多痛生生就知道了。shēng hái zi yǒu duō tòng shēng sheng jiù zhī dào le。 」子供を産んでみたら、そのつらさがわかるよ。

4.動作の繰り返しや量的増加を表す。「~したり、~したり」という意味を表します。

「他退休之後,毎天看看電視,打打太極,和老朋友説説话,倒也不寂寞。」
tā tuì xiū zhī hòu,měi tiān kàn kan diàn shì,dǎ da tài jí,hé lǎo péng yǒu shuō shuo huà,dào yě bù jì mò。
彼は定年後、毎日テレビを見たり、太極拳をしたり、友人とおしゃべりしていて寂しくはしないようです。

5.第三者のことなら、褒める意味が強いです。

「看看日本做的,手感多好!」kàn kan rì běn zuò de, shǒu gǎn duō hǎo!
日本製を見てごらん、なんていい手触りでしょう。

動詞の重ね型は親しみやすいはなし言葉ですので、ぜひ会話の中に取り入れてみてくださいね!