ご自愛ください

love-yourself
台湾人の友人が日本語での手紙の書き方を調べていたときのこと。
お世話になっている先生に暑中見舞いのハガキを書こうと、インターネットで文面でのあいさつの仕方を検索していました。そこに載っていた「厳しい暑さが続きますが、どうかご自愛下さいませ。」という一文を発見した友人はとても驚いたそうです。

「先生に“ご自愛ください”なんていうのは失礼ですよね?怒られないんですか?」
と私にたずねてきました。

友達がビックリしたのには訳があります。
中国語での「自愛」は日本語の「自重」と同じ意味で用いられています。
「自分の行動を慎んで、軽々しい振る舞いをしないでください。」という感じで奔放息子などをたしなめるときに使うような言葉なのです。

ちなみに、日本語の「自愛」、つまり体を大切にするという意味を表すときは、以下のような中国語の表現があります。
“請多珍重。”[qǐng duō zhēn zhòng ]
“請自己保重。”[qǐng zì jǐ bǎo zhòng ]
“請保重身体。”[qǐng bǎo zhòng shēn tǐ ]

自愛という言葉は、文字通りに「自分を愛する、自分を大切にする」という意味ですが、日本人は「健康を大切にする」、中国人は「体裁や面目を大切にする」という意味の違いがあるんですね。日本語の「ご自愛ください」という表現は、相手への気遣いに満ちた素敵なものですが、中国語のこの表現は人を批判・非難する意味が強いので、くれぐれも中国人相手には使わないようにご注意くださいね。