「ベクトルの座標」に関連した中国語例文の一覧 -中国語例文検索

中国語辞書 - Weblio日中中日辞典 中国語例文
約36万の例文を収録
 
  手書き文字入力


Weblio 辞書 > Weblio 日中中日辞典 > ベクトルの座標の意味・解説 > ベクトルの座標に関連した中国語例文


「ベクトルの座標」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 22



次に、演算処理部32では、ベクトルV1,V2を処理a1にて求めたユーザの位置座標Yを始点として合成し、正方向ベクトルV12を求める。

接着,在运算处理部 32中,将处理 a1中求出的用户的位置坐标 Y作为起点合成向量 V1、V2,从而求正向向量 V12。 - 中国語 特許翻訳例文集

次に、図3に示した起点マークM(原点座標)とユーザの位置座標Yとの距離D1を算出し(S25)、さらに押圧パターンの向き(パターンAのベクトルV1およびパターンBのベクトルV2)を算出する(S26、処理b1)。

接着,计算图 3所示的起点记号 M(原点坐标 )与用户的位置坐标 Y的距离D1(S25),并且计算按压图案的朝向 (图案 A的向量 V1以及图案 B的向量 V2)(S26,处理b1)。 - 中国語 特許翻訳例文集

この処理では、図6(a)のS26にて求めた二つの押圧パターンの向き(パターンAのベクトルV1およびパターンBのベクトルV2)を合成し、図6(a)のS24にて求めたユーザの位置座標Yを始点とする合成ベクトル(正方向ベクトルV12)を求める(S31、処理b2)。

在该处理中,合成在图 6(a)的 S26中求出的两个按压图案的朝向 (图案 A的向量V1以及图案 B的向量 V2),并求将图 6(a)的 S24中求出的用户的位置坐标 Y为起点的合成向量 (正向向量 V12)(S31,处理 b2)。 - 中国語 特許翻訳例文集

第2の手法は、ユーザの位置座標Yを始点とするベクトルV12の延長線が線分Lと交わるかどうかを判定するものである。

第 2方法判定将用户的位置坐标 Y作为起点的向量 V12的延长线是否与线段 L相交。 - 中国語 特許翻訳例文集

なお、式(1)において、GMVは撮像画像I(t)全体の動きベクトルGMVを示しており、LMV(x,y)は座標(x,y)の位置が含まれるブロックの動きベクトルLMVを示している。

应当注意,在表达式 (1)中,GMV表示整个摄取图像 I(t)的运动矢量 GMV,并且LMV(x,y)指示包括坐标为 (x,y)的位置的块的运动矢量 LMV。 - 中国語 特許翻訳例文集

第1の手法は、ユーザの位置座標Yを始点とするベクトルV12の方向がユーザの位置座標Yを中心とする見込み角αの範囲内にあるかどうかを判定するものである。

第 1方法判定将用户的位置坐标 Y作为起点的向量 V12的方向是否位于将用户的位置坐标 Y作为中心的估计角α的范围内。 - 中国語 特許翻訳例文集

AF評価エリア座標算出部83は、視差量算出部82の検出した最終視差ベクトル(Δx,Δy)と、第2画像データ用のAF評価エリアの中心座標(X,Y)とに基づいて、第1画像データ用のAF評価エリアの中心座標(X+Δx,Y+Δy)を算出する(図5参照)。

基于由视差量计算单元 82检测的最终视差矢量 (Δx,Δy)和用于第二图像数据IMGL的 AF评估区域中的中心坐标 (X,Y),AF评估区域坐标计算单元 83计算用于第一图像数据 IMGR的 AF评估区域中的中心坐标 (X+Δx,Y+Δy)(参见图 5)。 - 中国語 特許翻訳例文集

ブロックMB(2,j)に関連する動きベクトルのx成分が0に等しくないとき、フレーム置換ユニット52は、動き補償中に参照フレームからフェッチされるブロックの左側の水平x座標(「ブロックのX」)が左境界の右側のx座標(「境界のX」)よりも小さいかどうかを判断する(108)。

当与块MB(2,j)相关联的运动向量的 x分量不等于零时,帧代换单元 52确定在运动补偿期间从参考帧取得的块的左侧的水平 x坐标 ( “块的 X” )是否小于左边界的右侧的 x坐标 ( “边界的 X” )(108)。 - 中国語 特許翻訳例文集

S70では、CPU40は、上記実施形態のようにして算出された最終視差ベクトル(Δx,Δy)から、第1画像データに対するフラッシュ調光エリアの中心座標(X+Δx,Y+Δy)を算出するよう調光エリア座標算出部86を制御する(図24参照)。

在 S70中,CPU 40控制调光区域坐标计算单元 86,以根据如上述实施例所计算的最终视差矢量 (Δx,Δy)来计算用于第一图像数据 IMGR的闪光灯调光区域 A1R中的中心坐标 (X+Δx,Y+Δy)(参见图 24)。 - 中国語 特許翻訳例文集

このとき、両ブロックの差分として計算される予測差分に加えて、両ブロックの座標値の差分を動きベクトル(506)として符号化する。

此时,除了作为两块的差分而计算出的预测差分之外,还将两块的座标值的差分作为运动向量 (506)而进行编码。 - 中国語 特許翻訳例文集


例えば、境界批准識別(boundary ratification identification unit)ユニット68は、画素座標の代わりに、またはそれに加えてブロックに関連する動きベクトルに基づいて境界位置を識別することができる。

举例来说,边界伪影识别单元 68可基于与块相关联的运动向量 (替代像素坐标或除像素坐标外 )来识别边界位置。 - 中国語 特許翻訳例文集

ブロックMB(2,j)に関連する動きベクトルのx成分が0に等しいとき、動き補償中に参照フレームからフェッチされるブロックの左側のx座標(「ブロックのX」)が左境界の右側のx座標よりも小さくないとき、またはブロックMB(2,j)の偽境界修正の後、フレーム置換ユニット52は変数jがNに等しいかどうかを判断する。 ここで、Nは第1列のブロックの数である(112)。

当与块MB(2,j)相关联的运动向量的 x分量等于零时,在运动补偿期间从参考帧取得的块的左侧的 x坐标 (“块的X”)不小于左边界的右侧的 x坐标,或在块MB(2,j)的假边界校正之后,帧代换单元 52确定变量 j是否等于 N,其中 N为第一列的块的数目 (112)。 - 中国語 特許翻訳例文集

ブロックMB(M−1,j)に関連する動きベクトルのx成分が0に等しいとき、動き補償中に参照フレームからフェッチされるブロックの右側の水平x座標(「ブロックのX」)が右境界の左側のx座標(「境界のX」)よりも大きくないとき、または偽境界修正の後、フレーム置換ユニット52は変数jがNに等しいかどうかを判断する。 ここで、Nは第1列のブロックの数である(136)。

当与块MB(M-1,j)相关联的运动向量的x分量等于零时,在运动补偿期间从参考帧取得的块的右侧的水平 x坐标 ( “块的 X” )不大于右边界的左侧的 x坐标 ( “边界的 X”),或在假边界校正之后,帧代换单元 52确定变量 j是否等于 N,其中 N为第一列的块的数目 (136)。 - 中国語 特許翻訳例文集

ブロックMB(i,2)に関連する動きベクトルのy成分が0に等しいとき、動き補償中に参照フレームからフェッチされるブロックの上側の垂直y座標(「ブロックのY」)が上部境界の下側のy座標(「境界のY」)よりも小さくないとき、または偽境界修正の後、フレーム置換ユニット52は変数iがMに等しいかどうかを判断する。 ここで、Mは第1行のブロックの数である(160)。

当与块MB(i,2)相关联的运动向量的 y分量等于零时,在运动补偿期间从参考帧取得的块的顶部侧的垂直 y坐标 ( “块的 Y” )不小于顶部边界的底部侧的 y坐标( “边界的 Y”),或在假边界校正之后,帧代换单元 52确定变量 i是否等于M,其中M为第一行的块的数目 (160)。 - 中国語 特許翻訳例文集

ブロックMB(M−1,j)に関連する動きベクトルのx成分が0に等しくないとき、フレーム置換ユニット52は動き補償中に参照フレームからフェッチされるブロックの右側の水平x座標(「ブロックのX」)が右境界の左側のx座標(「境界のX」)よりも大きいかどうかを判断する(132)。

当与块MB(M-1,j)相关联的运动向量的 x分量不等于零时,帧代换单元 52确定在运动补偿期间从参考帧取得的块的右侧的水平 x坐标 ( “块的 X” )是否大于右边界的左侧的 x坐标 ( “边界的 X” )(132)。 - 中国語 特許翻訳例文集

ブロックMB(i,2)に関連する動きベクトルのy成分が0に等しくないとき、フレーム置換ユニット52は、動き補償中に参照フレームからフェッチされるブロックの上側の垂直y座標(「ブロックのY」)が上部境界の下側のy座標(「境界のY」)よりも小さいかどうかを判断する(156)。

当与块MB(i,2)相关联的运动向量的 y分量不等于零时,帧代换单元 52确定在运动补偿期间从参考帧取得的块的顶部侧的垂直 y坐标 ( “块的 Y”)是否小于顶部边界的底部侧的 y坐标 ( “边界的 Y” )(156)。 - 中国語 特許翻訳例文集

ブロックMB(i,N−1)に関連する動きベクトルのy成分が0に等しくないとき、フレーム置換ユニット52は動き補償中に参照フレームからフェッチされるブロックの下側の垂直y座標(「ブロックのY」)が下部境界の上側のy座標(「境界のY」)よりも大きいかどうかを判断する(156)。

当与块MB(i,N-1)相关联的运动向量的 y分量不等于零时,帧代换单元 52确定在运动补偿期间从参考帧取得的块的底部侧的垂直 y坐标 ( “块的 Y”)是否大于底部边界的顶部侧的 y坐标 ( “边界的 Y”)(156)。 - 中国語 特許翻訳例文集

次に、演算処理部32は、ユーザの位置座標Yを始点とするベクトルV12の方向が所定の範囲内にあるかどうか、すなわちユーザの正面が向いている方向が画像形成装置11の正面を向いていると見なし得る範囲にあるかどうかを判定する(処理b3)。

接着,运算处理部 32判定将用户的位置坐标 Y作为起点的向量 V12的方向是否位于规定的范围内,即是否位于能够看作用户的正面朝向的方向朝向图像形成装置 11的正面的范围 (处理 b3)。 - 中国語 特許翻訳例文集

境界アーティファクト識別ユニット68は、参照フレームからフェッチされるブロックの、例えば置換フレームのブロックに関連する動きベクトルを使用して動き補償中に得られたブロックの左コーナの水平画素座標を計算する。

边界伪影识别单元 68计算将从参考帧获取的块 (例如,在使用与代换帧的块相关联的运动向量进行运动补偿期间获得的块 )的左角的水平像素坐标。 - 中国語 特許翻訳例文集

ブロックMB(i,N−1)に関連する動きベクトルのy成分が0に等しいとき、動き補償中に参照フレームからフェッチされるブロックの下側の垂直y座標(「ブロックのY」)が下部境界の上側のy座標(「境界のY」)よりも大きいとき、または偽境界修正の後、フレーム置換ユニット52は変数iがMに等しいかどうかを判断する。 ここで、Mは第1行のブロックの数である(180)。

当与块MB(i, N-1)相关联的运动向量的 y分量等于零时,在运动补偿期间从CN 10201761257 AA 说 明 书 22/25页参考帧取得的块的底部侧的垂直 y坐标 ( “块的 Y” )大于底部边界的顶部侧的 y坐标( “边界的 Y”),或在假边界校正之后,帧代换单元 52确定变量 i是否等于M,其中M为第一行的块的数目 (180)。 - 中国語 特許翻訳例文集

S1では、CPU40は、VRAM43に現在記憶されている第2画像データ(基準撮像部からの画像データ)におけるAF評価エリアR1−Lの中心座標(X,Y)を設定し、指定したAF評価エリアR1−L内の特徴点およびそれに対応する第1画像データの点である対応点の検出と検出された特徴点および対応点に基づく最終視差ベクトル(Δx,Δy)の算出を行うよう視差量算出部82を制御する(図4参照)。

在 S1中,CPU 40设定当前被存储在 VRAM 43中的第二图像数据 (来自基准成像单元的图像数据 )中的 AF评估区域 R1-L中的中心坐标 (X,Y),并控制视差量计算单元 82以检测所指定 AF评估区域 R1-L中的特征点和第一图像数据中的作为与特征点相对应的点的对应点,并基于已检测的特征点和对应点来执行最终视差矢量 (Δx,Δy)的计算。 - 中国語 特許翻訳例文集

8. 前記視差量算出部は、前記設定部が座標を設定した前記基準光学系に対応する撮像条件評価領域から検出された特徴点と、前記調整対象光学系からの視点画像において前記特徴点に対応する対応点とを結ぶ視差ベクトルに基づいて、前記基準光学系と前記調整対象光学系の間の視差量を算出する請求項1〜7のいずれかに記載の撮像装置。

8.如权利要求 1至 7中的任一项所述的成像装置,其中所述视差量计算单元基于连接特征点和对应点的视差矢量来计算所述基准光学系统与所述调整目标光学系统之间的所述视差量,所述特征点是从坐标已由所述设定单元设定且对应于所述基准光学系统的所述成像条件评估区所检测的,且所述对应点在来自所述调整目标光学系统的视点图像中,与所述特征点相对应。 - 中国語 特許翻訳例文集





   

中国語⇒日本語
日本語⇒中国語
   


  
中国語 特許翻訳例文集
北京语智云帆科技有限公司版权所有 © 2011-2019

©2019 Weblio RSS