「信号量」に関連した中国語例文の一覧 -中国語例文検索

中国語辞書 - Weblio日中中日辞典 中国語例文
約36万の例文を収録
 
  手書き文字入力


Weblio 辞書 > Weblio 日中中日辞典 > 信号量の意味・解説 > 信号量に関連した中国語例文


「信号量」を含む例文一覧

該当件数 : 13



在时段 (4)中,信号量通过上述的监视部件 30被监视。

期間(4)は先述のモニタ部30によって、信号量がモニタされる期間である。 - 中国語 特許翻訳例文集

然而,当在进行加法运算的像素电荷量之间存在较大差异时,由源跟随器进行加法运算的信号量的每一个不等于平均值,而是小于平均值的信号量

しかし、加算される画素電荷量に大きな差がある場合は、ソースフォロワーで加算された信号量は平均値ではなく、平均値より少ない信号量となる。 - 中国語 特許翻訳例文集

当量化比特的数目大时,例如,信号量变为 P-相位时间段中计数值 A和 D-相位时间段中计数值 B之间的差值。

たとえば、量子化ビット数が多い場合、信号量はP相期間のカウント値AとD相期間のカウントBとの差分となる。 - 中国語 特許翻訳例文集

当量化比特的数目小时,信号量变为 P-相位时间段中计数值 C和 D-相位时间段中计数值 D之间的差值。

量子化ビット数が少ない場合、信号量はP相期間のカウント値CとD相期間のカウントDとの差分となる。 - 中国語 特許翻訳例文集

当模拟增益的设置值高时,例如,信号量变为 P-相位时间段中计数值 E和 D-相位时间段中计数值 F之间的差值。

たとえば、アナログゲイン設定値が高い場合、信号量はP相期間のカウント値EとD相期間のカウントFとの差分となる。 - 中国語 特許翻訳例文集

当模拟增益的设置值为低时,信号量变为 P-相位时间段中计数值 G和 D-相位时间段中计数值 H之间的差值。

アナログゲイン設定値が低い場合、信号量はP相期間のカウント値GとD相期間のカウントHとの差分となる。 - 中国語 特許翻訳例文集

当红色、绿色和蓝色普通像素中由于滤色器不同因而漏光信号量 (拖尾量 )不相同时,可以在对来自漏光修正用像素的漏光信号量进行权重信号处理之后再执行减法处理。

赤緑青の通常画素の間で色フィルタに応じて、漏れ信号量(スミア量)が異なる場合は、漏れ込み光補正用画素の漏れ信号量に重み付けの信号処理を行って後、減算処理することもできる。 - 中国語 特許翻訳例文集

另外,适当参数设定改进 ADC输出处的信号量化噪声比 (SQNR)。

さらに、適切なパラメータ設定は、ADC出力において、信号対量子化雑音比(SQNR)を改善する。 - 中国語 特許翻訳例文集

另外,适当参数设定增加 ADC输出处的信号量化噪声比 (SQNR)。

さらに、適切なパラメータ設定は、ADC出力において、信号対量子化雑音比(SQNR)を減少させる。 - 中国語 特許翻訳例文集

6.根据权利要求 4所述的图像处理装置,其中所述串扰量计算单元基于通过将各个RGB像素的信号量乘以相应的预定系数 (α,β,γ)而获得的值的总和相对于通过将白色像素的信号量乘以预定系数 (ε)而获得的值的比例,来计算待校正的像素中包括的相对的串扰量的评估值。

6. 前記クロストーク量算出部は、RGB各画素の信号量にそれぞれ所定の係数(α、β、γ)を乗じた数値の総和とホワイト画素の信号量に所定の係数(ε)を乗じた数値の比率に基づいて、補正対象画素における相対的なクロストーク量の評価値を算出する、ことを特徴とする請求項4に記載の画像処理装置。 - 中国語 特許翻訳例文集


在这些处理后或者与这些处理并行地,通过逆量化器 108和逆转换器 109对编码后的残差信号 (量化转换系数 )进行解码。

これら処理の後に又はこれらの処理と並行して、符号化された残差信号(量子化変換係数)が逆量子化器108及び逆変換器109により復号される。 - 中国語 特許翻訳例文集

另外,合适的参数设定增加了ADC输出处的信号量化噪声比(SQNR)。

さらに、適切なパラメータ設定は、ADC出力において、信号対量子化雑音比(SQNR)を減少させる。 - 中国語 特許翻訳例文集

量化后的转换系数的位长是 M位,然而在压缩器内的中间处理中,也可以是比 M位长的位长的信号。

量子化された変換係数のビット長はMビットであるが、圧縮器内の中間処理においてはMビットより長いビット長の信号になってもよい。 - 中国語 特許翻訳例文集





   

中国語⇒日本語
日本語⇒中国語
   

   

中国語⇒日本語
日本語⇒中国語
   


  
中国語 特許翻訳例文集
北京语智云帆科技有限公司版权所有 © 2011-2022

©2022 GRAS Group, Inc.RSS