「ベクトル処理」に関連した中国語例文の一覧 -中国語例文検索

中国語辞書 - Weblio日中中日辞典 中国語例文
約36万の例文を収録
 
  手書き文字入力


Weblio 辞書 > Weblio 日中中日辞典 > ベクトル処理の意味・解説 > ベクトル処理に関連した中国語例文


「ベクトル処理」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 114



1 2 3 次へ>

ベクトル変換処理の一例を説明する。

现在描述向量转换处理的示例。 - 中国語 特許翻訳例文集

なお、上記の処理のうち、予測ベクトルの算出処理は、図7および図8に示す予測ベクトルの算出処理に対応する処理である。

另外,上述处理中的预测向量的计算处理是与图 7以及图 8所示的预测向量的计算处理对应的处理。 - 中国語 特許翻訳例文集

次に、演算処理部32では、ベクトルV1,V2を処理a1にて求めたユーザの位置座標Yを始点として合成し、正方向ベクトルV12を求める。

接着,在运算处理部 32中,将处理 a1中求出的用户的位置坐标 Y作为起点合成向量 V1、V2,从而求正向向量 V12。 - 中国語 特許翻訳例文集

【図13】予測動きベクトル生成処理における時間方向への動きベクトル拡張処理を説明するための模式図である。

图 13是用于说明预测运动矢量生成处理中的针对时间方向的运动矢量扩展处理的示意图。 - 中国語 特許翻訳例文集

動きベクトル予測器114の具体的な処理については後述する。

运动矢量预测器114的具体处理在后面叙述。 - 中国語 特許翻訳例文集

動きベクトル予測器307の具体的な処理については後述する。

运动矢量预测器 307的具体处理在后面叙述。 - 中国語 特許翻訳例文集

アダプティブアレイ信号処理は、受信ウエイトベクトルによって、入力ベクトルを重みづけした後に、それらを合成する。

自适应阵列信号处理由接收权重向量对输入向量进行加权之后,将他们进行合成。 - 中国語 特許翻訳例文集

すわなち、ステップS1107において、ベクトル変換処理部402は、オブジェクトのベクトルパス記述を生成し、記憶部211に一時的に記憶する。

因此,在步骤 S1107,向量转换处理单元 402产生对象的向量路径描述并将其临时存储在存储单元 211中。 - 中国語 特許翻訳例文集

図3に、本実施形態の動きベクトル予測処理を実施する動きベクトル予測器114のブロック図を示す。

图 3示出本实施方式的实施运动矢量预测处理的运动矢量预测器 114的框图。 - 中国語 特許翻訳例文集

図15に、本実施形態の動きベクトル予測処理を実施する動きベクトル予測器307のブロック図を示す。

图 15示出本实施方式的实施运动矢量预测处理的运动矢量预测器 307的框图。 - 中国語 特許翻訳例文集


この処理では、図6(a)のS26にて求めた二つの押圧パターンの向き(パターンAのベクトルV1およびパターンBのベクトルV2)を合成し、図6(a)のS24にて求めたユーザの位置座標Yを始点とする合成ベクトル(正方向ベクトルV12)を求める(S31、処理b2)。

在该处理中,合成在图 6(a)的 S26中求出的两个按压图案的朝向 (图案 A的向量V1以及图案 B的向量 V2),并求将图 6(a)的 S24中求出的用户的位置坐标 Y为起点的合成向量 (正向向量 V12)(S31,处理 b2)。 - 中国語 特許翻訳例文集

図17は、図16におけるDMV(差分ベクトル)計算処理(1606)の詳細な処理手順について示している。

图 17示出图 16中的 DMV(差分向量 )计算处理 (1606)的详细的处理步骤。 - 中国語 特許翻訳例文集

これに対し、復号化側では復号化されたDMV(差分ベクトル)にPMV(予測ベクトル)を加算して動きベクトルMVを復号化する処理がそれぞれ行われる。

与此相对,在解码侧进行在所解码了的 DMV(差分向量 )上加上 PMV(预测向量 )而对运动向量 MV进行解码的处理。 - 中国語 特許翻訳例文集

差分ベクトルDMVは先に可変長復号化処理(1802)において復号しておき、ここでは、図7〜図8に示す方法にて計算されたPMV(予測ベクトル)と差分ベクトルDMVを加算し、MVを算出する(1807)。

差分向量DMV先在可变长度解码处理 (1802)中解码,在此,将通过图 7~图 8所示的方法所计算出的PMV(预测向量 )和差分向量 DMV相加,计算 MV(1807)。 - 中国語 特許翻訳例文集

この場合、予測対象ブロック502の動きベクトルは、対象ブロック501の参照フレーム番号にて指示される参照画像に対する動きベクトルであるため、動きベクトルのスケーリング処理は不要である。

该情况下,预测对象块 502的运动矢量是针对由对象块 501的参照帧编号指示的参照图像的运动矢量,所以,不需要进行运动矢量的定标处理。 - 中国語 特許翻訳例文集

処理部16は、グループ内のデータを使用して受信ウエイトベクトルを導出する(S16)。

处理部 16使用组内的数据导出接收权重向量 (S 16)。 - 中国語 特許翻訳例文集

処理部16は、グループ内のデータを使用して受信ウエイトベクトルを導出する(S56)。

处理部 16使用组内的数据导出接收权重向量 (S56)。 - 中国語 特許翻訳例文集

当該予測ベクトルの算出処理は、図7および図8の説明にて既に説明したとおりである。

该预测向量的计算处理如利用图 7以及图 8所说明的那样。 - 中国語 特許翻訳例文集

当該予測ベクトルの算出処理は、図7、図8の説明にて既に説明したとおりである。

该预测向量的计算处理如在图 7、图 8中所说明的那样。 - 中国語 特許翻訳例文集

以上の処理が終了すれば、DMV(差分ベクトル)計算が終了する(1711)。

如果以上的处理结束了,则 DMV(差分向量 )计算结束 (1711)。 - 中国語 特許翻訳例文集

【図21】最適動きベクトル選択部における処理を示すフローチャートである。

图 21是示出最优运动向量选择单元中的处理的流程图。 - 中国語 特許翻訳例文集

【図7】動きベクトルのスケーリング処理を説明するためのブロック図である。

图 7是用于说明运动矢量的定标处理的框图。 - 中国語 特許翻訳例文集

続いて予測動きベクトル探索器203にて、図31に示す処理が実施される。

接着,通过预测运动矢量搜索器 203实施图 31所示的处理。 - 中国語 特許翻訳例文集

ここで、当該可変長復号化処理においては、可変長復号化部(302)は、後述する画面間予測部(305)の動きベクトル記憶メモリ(401)から、既に復号された周辺ブロックの動きベクトルを取得し、図7〜図8に示した候補ベクトルの整列を行う。

在此,在该可变长度解码处理中,可变长度解码部 (302)从后述的画面间预测部(305)的运动向量存储用存储器 (401)取得已解码了的周围块的运动向量,进行图 7~图 8所示的候补向量的排列。 - 中国語 特許翻訳例文集

動きベクトル処理部126は、動きベクトル検出部122で検出された動きベクトルに応じて、画像のブレが相殺されるように画像メモリ123の画像の読み出し位置を制御するための制御量(振れ補正信号)を算出する。

运动矢量处理单元 126根据运动矢量检测器 122所检测到的运动矢量,计算用于控制图像存储器 123中的图像读取位置的控制量 (振动校正信号 ),以抵消图像之间的位移。 - 中国語 特許翻訳例文集

【図22】本発明の実施例5における図4のベクトル変換処理部402の処理を説明するフローチャートである。

图 22是用于解释根据本发明第五实施例的图 4中的向量转换处理单元 402的处理的流程图; - 中国語 特許翻訳例文集

【図24】本発明の実施例6におけるベクトル変換処理部の処理を説明するフローチャートである。

图 24是用于解释根据本发明第六实施例的向量转换处理单元的流程图; - 中国語 特許翻訳例文集

【図25】本発明の実施例6におけるベクトル変換処理部の処理を説明するフローチャートである。

图 25是用于解释根据本发明第六实施例的向量转换处理单元的流程图; - 中国語 特許翻訳例文集

動きベクトル算出部119は、評価フレーム取得部20と、輝度信号抽出部21と、評価フレーム領域設定部22と、比較フレーム取得部23と、輝度信号抽出部24と、比較フレーム領域設定部25と、フレーム間相関処理部26と、信頼度判定部27と、領域別動きベクトル算出部28と、フレーム全体動きベクトル算出部29と、局所動きベクトル算出部30とを備える。

运动矢量计算部 119具有评价帧取得部 20、亮度信号提取部 21、评价帧区域设定部 22、比较帧取得部 23、高度信号提取部 24、比较帧区域设定部 25、帧间相关处理部 26、可信度判定部 27、按区域运动矢量计算部28、帧整体运动矢量计算部 29、局部运动矢量计算部 30。 - 中国語 特許翻訳例文集

領域別動きベクトル算出部28は、フレーム間相関処理部26で演算された相関係数値のうち、最も値が小さい領域を、動きベクトル算出領域35の移動先の領域と判断して、その移動量を、動きベクトル算出領域35が含まれるブロック32の動きベクトルとする。

按区域运动矢量计算部 28将通过帧间相关处理部 26运算的相关系数值中值最小的区域判断为运动矢量计算区域 35的移动目的地区域,把该移动量作为含有运动矢量计算区域 35的块 32的运动矢量。 - 中国語 特許翻訳例文集

受信装置は、グループ単位に共通の受信ウエイトベクトルを生成し、生成した受信ウエイトベクトルにてアダプティブアレイ信号処理を実行する。

接收装置以组单位生成共同的接收权重向量,由生成的接收权重向量执行自适应阵列信号处理。 - 中国語 特許翻訳例文集

アダプティブアレイ信号処理では、一般的に、ひとつのサブキャリアに対応した4つの信号(以下、「入力ベクトル」という)と参照信号とから受信ウエイトベクトルが計算される。

自适应阵列信息处理中,一般从对应一个副载波的 4个信号(以下,称为“输入向量”)和参照信号计算接收权重向量。 - 中国語 特許翻訳例文集

他の場合、例えばNおよびMのうちの少なくとも1つが1に等しくない場合には、動き推定および動きベクトル処理によって得られる異なる動きベクトルを使用することができる。

对于其它情况 (例如,N和M中的至少一者不等于一 ),可使用经由运动估计和运动向量处理获得的不同运动向量。 - 中国語 特許翻訳例文集

ここで、当該可変長復号化処理においては、既に復号された周辺ブロックの動きベクトルを取得し、図7〜図8に示した候補ベクトルの整列を行う。

在此,在该可变长度解码处理中,取得已解码了的周围块的运动向量,进行图 7~图 8所示的候补向量的排列。 - 中国語 特許翻訳例文集

また、図10の動きベクトル検出部31、または図11の再生処理部15から出力された動きベクトルの情報は制御部53に入力される。

另外,从图 10中的运动矢量检测部件 31或从图 11中的再现处理部件 15输出的有关运动矢量的信息被输入到控制部件 53。 - 中国語 特許翻訳例文集

演算処理部32では、フットセンサ33からパターンA,Bの検出信号を受け取ると、パターンA,Bが示す靴の向いている方向から、パターンAのベクトルV1とパターンBのベクトルV2とを求める。

在运算处理部 32中,如果从脚传感器接受图案A、B的检测信号,则根据图案 A、B所示的鞋朝向的方向,求图案 A的矢量 V1和图案 B的矢量 V2。 - 中国語 特許翻訳例文集

次に、図3に示した起点マークM(原点座標)とユーザの位置座標Yとの距離D1を算出し(S25)、さらに押圧パターンの向き(パターンAのベクトルV1およびパターンBのベクトルV2)を算出する(S26、処理b1)。

接着,计算图 3所示的起点记号 M(原点坐标 )与用户的位置坐标 Y的距离D1(S25),并且计算按压图案的朝向 (图案 A的向量 V1以及图案 B的向量 V2)(S26,处理b1)。 - 中国語 特許翻訳例文集

【図31】予測動きベクトル探索器におけるテンプレートマッチングを伴わない予測動きベクトル決定処理を説明するためのフローチャートである。

图 31是用于说明预测运动矢量搜索器中的不伴有模板匹配的预测运动矢量确定处理的流程图。 - 中国語 特許翻訳例文集

そして、この参照画像を用いて、予測対象ブロック502の動きベクトル(MVa)を、スケーリング処理などで加工したのち、予測動きベクトルとして差分器203に出力する。

然后,使用该参照图像,通过定标处理等对预测对象块 502的运动矢量 (MVa)进行加工后,作为预测运动矢量输出到差分器 203。 - 中国語 特許翻訳例文集

Ft+mからFtへの動きベクトルは、必ずしも−vNM/2ではなく、vNMの処理されたバージョン、すなわち−vNM’/2であることもある。

从 Ft+m到 Ft的运动向量不必为 -vNM/2,其可为 vNM的经处理的版本,即,-vNM′ /2。 - 中国語 特許翻訳例文集

なお、画面間予測を行う際には画面間予測処理より先に動きベクトルMVの復号化を行う。

另外,在进行画面间预测时,首先通过画面间预测处理进行运动向量 MV的解码。 - 中国語 特許翻訳例文集

このベクトルV12の方向は、フットセンサ33上のユーザの正面が向いている方向となる(処理b2)。

该向量 V12的方向成为脚传感器 33上的用户的正面朝向的方向 (处理 b2)。 - 中国語 特許翻訳例文集

【図13】画像内に動被写体が含まれる場合における動きベクトルマップの生成例と画像評価処理について説明する図である。

图 13A到 13D是用于描述当在图像中包括移动被摄体时运动矢量图的生成示例和图像评估处理的图。 - 中国語 特許翻訳例文集

図1は、本実施形態の動きベクトル予測処理に係る動画像符号化装置100を示すブロック図である。

图 1是示出本实施方式的运动矢量预测处理的动态图像编码装置 100的框图。 - 中国語 特許翻訳例文集

次に、本実施形態の動きベクトル予測処理に係る動画像復号装置300について説明する。

接着,对本实施方式的运动矢量预测处理的动态图像解码装置 300进行说明。 - 中国語 特許翻訳例文集

図14は、本実施形態の動きベクトル予測処理に係る動画像復号装置300を示すブロック図である。

图14是示出本实施方式的运动矢量预测处理的动态图像解码装置 300的框图。 - 中国語 特許翻訳例文集

ステップS59では、ステップS55で取り込まれた部分動きベクトルを参照して手振れ補正処理を実行する。

在步骤 S59中,参考在步骤 S55中所获取的部分运动矢量来执行手抖动校正处理。 - 中国語 特許翻訳例文集

CPU48は、出力された部分動きベクトルMV_1〜MV_9を手振れ補正タスクの下で取り込み、これに基づいて手振れ補正処理を実行する。

CPU48在手抖补正任务下取入输出的部分运动矢量 MV_1~ MV_9,基于此执行手抖补正处理。 - 中国語 特許翻訳例文集

ステップS59では、ステップS55で取り込まれた部分動きベクトルを参照して手振れ補正処理を実行する。

在步骤 S59中,参照步骤 S55中取入的部分运动矢量执行手抖补正处理。 - 中国語 特許翻訳例文集

10. ビット変換部で、画素に割り当てるビット数の削減を基準画像と参照画像に対して行い、画素に割り当てるビット数に応じて階層化した基準画像と参照画像を生成するステップと、動きベクトル検出部で、前記ビット数の削減が行われた基準画像と参照画像を用いたブロックマッチングによって動きベクトルの粗検出を行い、該粗検出で検出した動きベクトルに基づき、動きベクトルの詳細検出における探索範囲を決定して、前記画素に割り当てるビット数が前記粗検出に用いた画像以上の階層である探索範囲の画像を用いて動きベクトルの詳細検出を行うステップとを具備する情報処理方法。

10.一种信息处理方法,包括步骤: - 中国語 特許翻訳例文集

1 2 3 次へ>




   

中国語⇒日本語
日本語⇒中国語
   


  
中国語 特許翻訳例文集
北京语智云帆科技有限公司版权所有 © 2011-2019

©2019 Weblio RSS