日中中日:

感化の日本語訳

中国語辞書 - Weblio日中中日辞典 日中・中日
約160万語収録の日中辞典・中日辞典

日中・中日辞典

中国語例文

中国語翻訳


 
  手書き文字入力   

 
  手書き文字入力   




白水社 中国語辞典

白水社白水社

感化

ピンインgǎnhuà

動詞過ちを犯した人をよい方に)感化する,感化を与える.


用例
  • 我们需要感化和改造他们。〔+目〕=我々は彼らを感化し改造する必要がある.
  • 经过耐心教育,他们都被感化了。〔‘被’+〕=辛抱強い教育によって,彼らは皆感化された.



EDR日中対訳辞書

独立行政法人情報通信研究機構独立行政法人情報通信研究機構

感化

動詞

日本語訳淳化する醇化する
対訳の関係部分同義関係

感化の概念の説明
日本語での説明醇化する[ジュンカ・スル]
徳によって人を感化する
中国語での説明教化
道德去感化别人

感化

動詞

日本語訳教化する
対訳の関係部分同義関係

感化の概念の説明
日本語での説明教化する[キョウケ・スル]
衆生説法により感化し,善に導く
英語での説明enlighten
to lead people to the path of virtue by preaching

感化

動詞

日本語訳感化する
対訳の関係全同義関係

感化の概念の説明
日本語での説明感化する[カンカ・スル]
影響を与える
英語での説明direct
to influence

感化

動詞

日本語訳善化
対訳の関係全同義関係

感化の概念の説明
日本語での説明善化[ゼンカ]
善い方に感化すること

感化

動詞

日本語訳同化する
対訳の関係全同義関係

感化の概念の説明
日本語での説明同化する[ドウカ・スル]
感化されて自分意識要素周囲の意識要素同じくなってしまう

感化

動詞

日本語訳同化する
対訳の関係全同義関係

感化の概念の説明
日本語での説明同化する[ドウカ・スル]
感化して他人意識要素自分意識要素同じくしてしまう

感化

動詞

日本語訳化する化す
対訳の関係部分同義関係

感化の概念の説明
日本語での説明化す[カ・ス]
影響されて,そのものと同じようになる

感化

動詞

日本語訳差響風動する差しひびき
対訳の関係全同義関係

感化の概念の説明
日本語での説明影響する[エイキョウ・スル]
影響を及ぼす
中国語での説明影响
产生影响
英語での説明influence
to cause some result or change in; to influence


Wiktionary日本語版(中国語カテゴリ)

出典:Wiktionary

感化

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 01:06 UTC 版)

 動詞
  1. 感化する


「感化」を含む例文一覧

該当件数 : 10



我们需要感化和改造他们。

我々は彼らを感化し改造する必要がある. - 白水社 中国語辞典

经过耐心教育,他们都被感化了。

辛抱強い教育によって,彼らは皆感化された. - 白水社 中国語辞典

重视诗歌的教化作用

詩歌の教育感化作用を重視する. - 白水社 中国語辞典







感化のページへのリンク
こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する
「感化」の関連用語

   

中国語⇒日本語
日本語⇒中国語
   
感化のお隣キーワード

   

中国語⇒日本語
日本語⇒中国語
   



感化のページの著作権
日中中日辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
白水社白水社
Copyright © 1999-2022 Hakusuisha Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
独立行政法人情報通信研究機構独立行政法人情報通信研究機構
Copyright(C)2002-2022 National Institute of Information and Communications Technology. All Rights Reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio日中中日辞典に掲載されている「Wiktionary日本語版(中国語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの感化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS